バスケットの試合中に接触プレイで足首を捻ってしまった選手。

直後にR(安静)I(冷却)C(圧迫)E(挙上)処置を行い、テーピングを施しました。

足の捻挫は痛みや腫れが引いた後も、関節の可動域が低下しないようストレッチを行い、足首を支える筋肉のトレーニングをして再受傷しないようにする事が大切です。